里芋

当社では、土付里芋の販売や、土付里芋を洗って煮るだけの状態にしたものを、製造・販売いたしております。
里芋は、農薬・化学肥料不使用の自社栽培、そして、南は九州から、関東、東北、山形と、全国から季節に応じて新鮮でおいしいものを仕入れています。
山形県産の里芋の殆どは「土垂(どだれ)」という品種で、粘りが強くねっとりトロっとしているのが特徴で、楕円形をしています。まんまる球形のほくほく石川早生とは違った食感・味わいになります。もちろん土垂でも、土地柄で違いがありますので、ぜひ、好みの里芋を見つけてください。成長段階(時期)でも味わいが違いますので面白いですよ。

山形県産洗い里芋 山形県産土里芋
蔵王産洗い里芋 蔵王産土里芋

洗い里芋とは?

 

里芋の栄養成分と効能

+ 品種 +
里芋は、サトイモ科サトイモ属の多年草です。

+ 原産地 +
インド東部からインドシナ半島にかけての南アジアが、原産とされています。熱帯性の植物なので、寒さには弱く、日本では東北地方が栽培の北限です。

+ 里芋の歴史 +
里芋は、東南アジアや太平洋諸島などの原産地域では「タロ」とよばれています。「タロ」は、サトイモ科、サトイモ亜科に属する芋で、野生種に近く、日本の一般的な「里芋」とは、見た目も食べ方も違います。「タロ」は、荒れた地でも簡単に栽培でき栄養も豊富なので、古くから南アジアの伝統的生活を営む民族の食生活を支えてきました。「タロ」の品種は、各民族に独特の多くの品種があり、アジアを中心に広い範囲で200種以上もの種類が作られています。
一方、現在の日本の「里芋」は、寒さに適応してアジア北部に広がった品種で、中国では紀元前から栽培の記録があります。
日本への渡来は、稲作が始まった縄文時代後期より古いとされています。山で取れるイモを「山芋」言うのに対して、里で栽培されることから「里芋」という名が付いたそうです。江戸時代にサツマイモが渡来するまでは、芋といえば、里芋でした。お正月や、お月見などの儀礼食に里芋をもちいる習慣があるのは、稲作以前のイモ文化の名残と考えられています。旬は、秋から冬にかけてです。

+ 里芋の栄養素(100gあたり)+

エネルギー 58kcal 食物繊維(総量) 2.3g
水分 84.1g カリウム 640mg
タンパク質 1.5g ビタミンB1 0.07mg
脂質 0.1g ビタミンB2 0.02mg
炭水化物 13.1g ビタミンB6 0.15mg

 

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る